きのこ索引

ぼくが実際に見て、写真に撮る事のできたきのこ達です。

これからも少しずつアップして行きます。時間がかかるけどもう少し待っていて下さい。(^^)

時間がかかりすぎているので、「カ行」ぐらいから、ひとまず写真だけのUPになっています。全部UP出来ましたら、文章も書きますので、お待ちください。

 

(ア)

 アイイロキツネノカラカサ(仮称)

 アイコウヤクタケ

 アイシメジ

 アイゾメイグチ

 アイゾメヒカゲタケ

 アイタケ

 アイバシロハツ

 アオネノヤマイグチ

 アオロウジ

 アカアザタケ

 アカアシナガタケ

 アカアシボソチチタケ(仮称)

 アカウロコタケ

 アカカバイロタケ

 アカカミノケホコリ

 アカコウヤクタケ

 アカショウロ

 アカチシオタケ

 アカハチノスタケ

 アカツムタケ

 アカヒダカラカサタケ

 アカヒメホウキタケ

 アカヤマタケ

 アカヤマタケ近縁種

 アカヤマドリ

 アキヤマタケ?

 アクニオイタケ

 アケボノアワタケ(広義)

 アケボノドクツルタケ(仮称)

 アシグロタケ近縁種

 アシグロホウライタケ

 アシナガイグチ

 アシナガタケ

 アシナガトマヤタケ

 アシナガヌメリ

 アシボソクリタケ

 アシボソニガイグチ

 アシボソノボリリュウタケ

 アブラシメジ(広義)

 アマタケ

 アミアシキイロイグチ(仮称)

 アミガサタケ(広義)

 アミガサホウライタケ

 アミスギタケ

 アミタケ

 アミヒカリタケ近縁種

 アミホコリの仲間

 アメリカウラベニイロガワリ(広義)

 アヤメイグチ(広義)

 アラゲウスベニコップタケ

 アラゲカワラタケ

 アラゲキクラゲ

 アラゲニクハリタケ

 アレウリナ・イマイイ

 アワフキムシタケ

 アンズタケの仲間

 アンズタケ近縁種

(ハ)

 ハイイロカレエダタケ近縁種

 ハイムラサキタンメンタケ(仮称)

 ハイムラサキフウセンタケ

 ハタケシメジ

 ハナイグチ

 ハナウロコタケ

 ハナオチバタケ

 ハナビラニカワタケ

 ハナヤスリタケ

 ハマクサギタマゴタケ(仮称)

 ハマニセショウロ

 ハリガネオチバタケ

 ハルノウラベニタケ

(ヒ)

 ヒイロタケ

 ヒイロベニヒダタケ

 ヒカゲヒメチチタケ

 ヒグマアミガサタケ

 ヒダウロコタケ

 ヒダフウリンタケ

 ヒトクチタケ

 ヒナノヒガサ

 ヒナベニタケ

 ヒノキオチバタケ

 ヒビワレシロハツ近縁種

 ヒメアカコブタケ

 ヒメアワタケ

 ヒメカタショウロ

 ヒメカタパンタケ

 ヒメキクラゲ

 ヒメキクラゲモドキ

 ヒメキシメジ

 ヒメクチキタンポタケ

 ヒメコウジタケ

 ヒメコナカブリツルタケ

 ヒメシバフタケ

 ヒメシロウテナタケ

 ヒメヌメリイグチ?

 ヒメヒロヒダタケ?

 ヒメホコリタケ

 ヒメモグサタケ

 ヒメロクショウグサレキン

 ヒヨドリノアカダマタケ(仮称)

 ヒラタケ

 ヒラフスベ

 ビロードツエタケ(広義)

 ヒロハチチタケ

 ヒロハノキカイガラタケ

 ヒロハホウライタケ(仮称)

 ヒロヒダタケ

(フ)

 フェムスジョウタケ

 フクロシトネタケ

 フサヒメホウキタケ

 フジウスタケ

 フデタケ?

 ブナハリタケ

 フユヤマタケ

 フンホコリ

(ヘ)

 ベッコウタケ

 ベニイグチ

 ベニセンコウタケ

 ベニナギナタタケ

 ベニハナイグチ

 ベニヒダタケ

 ヘビキノコモドキ

 ヘラタケ

(ホ)

 ホウキタケ

 ホオベニシロアシイグチ

 ボーベリア属の一種

 ホコリタケ

 ホソツクシタケ

 ホソネノヒトヨタケ

 ボタンイボタケ

 ホテイシメジ

(マ)

 マイタケ

 マクキヌガサタケ

 マスタケ

 マツオウジ

 マツカサウロコタケ

 マツタケ

 マツバシャモジタケ

 マメザヤタケ

 マメホコリ

 マルミノツエタケ

 マンジュウガサ

 マンネンタケ

(ミ)

 ミイノモミウラモドキ

 ミイロアミタケ

 ミズゴケタケ

 ミドリニガイグチ

 ミドリニセホウライタケ

 ミナミホホタケ(仮称)

 ミネアカゲシメジ

 ミノタケ

 ミミブサタケ

 ミヤマアワタケ

 ミヤマイロガワリ

 ミヤマシメジ

 ミヤマタマゴタケ

 ミヤマタンポタケ

 ミヤマベニイグチ

 ミヤマムラサキフウセンタケ

(ム)

 ムカシオオミダレタケ

 ムササビタケ

 ムジナタケ

 ムラサキアブラシメジ

 ムラサキアブラシメジモドキ

 ムラサキイロガワリハツ

 ムラサキカスリタケ

 ムラサキゴムタケ

 ムラサキシメジ

 ムラサキスギタケ

 ムラサキフウセンタケ

 ムラサキホコリ属の一種

 ムラサキヤマドリタケ

 ムラサキヤマドリタケ近縁種

(メ)

 メラノガステル・ユトリキュラータス

(モ)

 モウセンアシベニイグチ

 モエギアミアシイグチ

 モエギビョウタケ

 モジホコリ属の一種

 モミジタケ

 モミタケ

 モモイロダクリオキン(=ハナビラダクリオキン)

 モモエノトマヤタケ?

 モリノハダイロガサ

 モリノフジイロタケ

1616BBS 無料レンタル掲示板

 

 

イサリア属の一種

Isaria sp.

イサリア属の一種
イサリア属の一種

 

撮影地 沖縄県
 
特徴 

イタチタケ(広義)

Psathyrella candolliana

イタチタケ(広義)

 

ナヨタケ科 ナヨタケ属 撮影地 兵庫県

イタチタケは、様々なタイプがあって、前見た時と、印象が違うという事がよくある。従来食用とされてきたが、毒性分のシロシビン類が確認されたため、食べない方が良いが、色々なタイプがあるので、毒のないタイプもあるのかもしれない。でも、油断は禁物。まず、裏が白色ではないものは絶対食べない。                  

 

特徴 傘表面は白色〜淡黄褐色など。ヒダは帯紫褐色〜暗褐色など。夏〜秋、広葉樹枯れ木上に主に発生するが、地上生の時もある

イタチナミハタケ

Lentinellus ursinus

イタチナミハタケ

 

撮影地 鳥取県
 
特徴 

イタドリムシオオハリタケ(仮)

cordyceps sp.

イタドリムシオオハリタケ(仮)
イタドリムシオオハリタケ(仮)
イタドリムシオオハリタケ(仮)
イタドリムシオオハリタケ(仮)

 

撮影地 兵庫県
 
特徴 

イチョウタケ

Tapinella panuoides

イチョウタケ

 

イチョウタケ科 イチョウタケ属 撮影地 兵庫県

このきのこのひだは特徴的で、印象的。しわひだのようなひだで、アンズタケの印象だ。ワサビタケとサケバタケの中間のイメージ。

 

 

特徴 傘表面は汚黄土色で、傘は貝殻形。ヒダは疎で、縦じわがあり、黄土色。

イヌセンボンタケ

Coprinus disseminatus

イヌセンボンタケ
イヌセンボンタケ
イヌセンボンタケ

 

ナヨタケ科 キララタケ属 撮影地 兵庫県

一本の木に隙間もなく大群生している所を見たことがある。特に日本のきのこに記載されているものは、一見しただけでびっくりする。子実体は小型だが、大群生していると大魅力である。でも、単生していることもあるそうだ。

特徴 傘表面は白色〜灰色で、ヒダは白色〜黒色で、液化しないが、すぐしなびる。子実体は小型で、群生する。

イボテングタケ

Amanita ibotengutake

イボテングタケ

 

テングタケ科 テングタケ属 撮影地 兵庫県

イボテン酸というきのこの毒性分がある。それは、イボテングタケから初めて検出された毒性分らしい。テングタケとよく似ていて混同されていたが、イボテングタケの方が大型で、ツボのリングが2重で、針葉樹下発生するところが大きな違いとなっている。

特徴 傘表面は褐色~灰褐色で、白色の三角形状の鱗片を付ける。ヒダは白色,密。ツボは2重リング状。主に夏,森林に発生

イリオモテコナゼミタケ(仮)

Isaria sp.

イリオモテコナゼミタケ(仮)
イリオモテコナゼミタケ(仮)

 

撮影地 沖縄県

不完全型(アナモルフ)

 通称にもならないぐらい曖昧な名前だが、文書に乗っている唯一の名前なので、この名前で呼ぶことにした。でも、その文書でもイリオモテコナゼミタケと呼びたいぐらいしか書いていない。ちなみにその文書は夢自然きのこである。 

特徴 シンネマの頭部は白色の分生子に覆われる。宿主はセミで、イワサキクサゼミの可能性が高い

イロガワリ

Boletus pulverulentus

イロガワリ
イロガワリ

 

撮影地 兵庫県
 
特徴 

イロガワリキヒダタケ

Phylloporus bellus var.cyanescens

イロガワリキヒダタケ

 

イグチ科 キヒダタケ属 撮影地 広島県

変色するきのこは、多数ある。その中でこのきのこは、時間がかかって変色するタイプで、傷を付けた瞬間はそのままだが、あとで見ると、強烈に変色している。そしてシリカゲルで冷凍乾燥すると、出したときには真っ黒になっていた。真っ黒になるきのこは、ほとんどない。そこが、キヒダタケとの区別ポイント。

特徴 傘はまんじゅう形〜平ら〜逆円錐形に近くなる。傘表面は灰褐色で、ビロード状。ヒダは黄色〜黄褐色で、小ヒダを作り、柄に長く垂生する。子実体は強い青変性がある

イロガワリツムタケ(仮)

イロガワリツムタケ(仮)
イロガワリツムタケ(仮)
イロガワリツムタケ(仮)
イロガワリツムタケ(仮)
イロガワリツムタケ(仮)

 

撮影地 沖縄県

 

特徴 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright (C) 2012 Syouhei-Wada All Rights Reserved.